ボディーコーティング

ボディーコーティング

高度な研磨技術、下地処理

コーティング剤が優れていても下地が悪いと意味がありません。​当店では、高度な研磨技術によりあらゆる塗装面をよりよい状態に復活させます。

施工前

雨ジミ、スリキズなどでダメージを受けた塗装面

施工後

​半分研磨した状態

雨ジミ、スリキズなども消えて新車のような状態

ダイヤモンドメークボディー

ダイヤモンドメーク

DIAMOND MAKE SERIES

特徴

新車には、更なる輝きと美しさを!​ 経年車には、新車のような輝きを!

ダイヤモンドメークシリーズボディーガラスコーティングは、従来のボディーガラスコーティング剤の持つ欠点を全てカバーした驚異のボディーガラスコーティング剤です。

超高分子シリカを使用し、モルフォロジーコントロールとブレンディング技術が、ボディーガラスコーティングの最適化を実現しました。サスペンションのような働きにより、塗装表面衝撃を吸収することで、キズ付きを最小限に抑制し、長期間の光沢維持とベースフィルムの欠損を防止します。

​都市型油性汚れ、潮風やスモッグなどあらゆる悪影響の浸食作用から塗装表面を完全に保護し、シャンプー洗いだけであなたの愛車はいつも新車の輝きを取り戻します。

最高の輝きを求めて。その性能比類なし。

大切なお車のお肌(ボディー塗装表面)に悪影響を与える、紫外線・酸性雨・水アカ等からの予防とお手入れはおすみですか。

現在の環境下において、ボディー塗装表面への悪影響を回避するのは非常に難しい状況です。この状況を回避する一つの方法がボディーガラスコーティングになり、ボディー塗装表面を覆ったボディーガラスコーティング被膜が直接的なダメージを防いでくれます。

​ボディーガラスコーティングを施工してもメンテナンスフリーというわけにはいきません。定期的なシャンプー洗車とカーローションでボディーガラスコーティング表面をクリーニングすることで、性能、艶、輝きを維持することが出来ます。

メカニズム

ダイヤモンドメークボディーガラスコーティング メカニズム

ダイヤモンドメークシリーズ

ボディーガラスコーティング被膜構造イメージ図

ダイヤモンドメークシリーズボディーガラスコーティングは、撥水及び滑水性能を上げるため、撥水型のボディーコーティングで懸念される汚れの付着や雨ジミの付着を解消させるために、従来型の高分子ではなく、多数の足を持つ超高分子をブレンドした、撥水性及び滑水性ボディーガラスコーティングです。

​経年者の塗装色から近年車の塗装色まで幅広く対応し、塗膜面本来の色を蘇らせ、現在の環境下における悪影響から長期に亘り塗膜表面を保護します。

ダイヤモンドメークシリーズ

ボディーガラスコーティング被膜表面イメージ図

超高分子を使用すると撥水性能が非常にあがり、又雨・汚れ等が直接コーティング被膜に付着せず、コーティング被膜上を覆っている無数の足(撥水基)が受け止める役目を果たすため、ウォータースポットなどが付着しにくくなります。付着してもダイヤモンドメークシリーズボディーガラスコーティング専用カーローションで、簡単に除去することが出来ます。

従来型コーティング被膜表面イメージ図

従来型高分子を使用すると、雨・汚れ等が直接コーティング被膜に付着し、ウォータースポットなどが付着しやすい。付着すると簡単には除去出来ません。

​分子間構造イメージ

ダイヤモンドメークシリーズボディーガラスコーティング施工後は、水玉の形状が118°~77°と超撥水から滑水タイプへと移行しながら表面張力を保ちます。水玉形状118°と業界最高峰の撥水性を持つボディーガラスコーティングです。また、ベースに柔軟性を持つガラスコーティングを使用しており、強靭なガラスコーティング被膜が愛車を長期的にハードにコートします。

ダイヤモンドメークシリーズボディーガラスコーティングはメンテナンスフリーではありません。洗車をせずにいると、水アカ、汚れで撥水基が埋まってしまいウォータースポットなどが付着しやすくなりますので、定期的な洗車が必要不可欠になります。汚れは水洗いで洗い流せますが、撥水基の根元に付着した汚れはシャンプー洗いでしか洗い流せませんので、水洗い:シャンプー洗いを2:1の割合でお勧めします。

塗装表面イメージ

施工効果は1~5年とそれぞれ持続しますが汚れ、鉄粉などがコーティング被膜の表面上に蓄積されると効果が半減します。そのため1年に一度のリフレッシュを受けられることをお勧め致します。リフレッシュする事によりコーティング本来の素晴らしい「ツヤ・輝き」を発揮することができるのです。

また、汚れが付いたときや、撥水効果を施工当時の118°に戻したいときは専用カーローションをご使用ください。効果の持続が実感して頂けます。

撥水基は永久品ではなく、消耗品です。洗車を繰り返し行っていくうちに摩擦で短くなり、撥水する水玉の元気が衰えていきます。又、水アカやウォータースポット等の付着する確率がたかくなります。

ダイヤモンドメークシリーズボディーガラスコーティング専用カーローションには、短くなった撥水基を除去し、新しい撥水基を構成させる復元作用や水アカ、雨ジミを除去する性能があります。

各種コーティング

ガラス撥水

従来のガラス撥水剤は、フッ素やシリコンで細かい繊毛状の突起を均一に並べて、表面張力で撥水させていました。

撥水の役割を果たす突起がワイパーやシャンプー洗車で、折れてしまうために、撥水を長く持たせることが困難でした。

また、撥水力が落ち始めたときに、繊毛の間に溜まった油脂汚れが目立ちはじめます。これが油膜の原因となっていました。

ここが違う!

スーパービュークリアは、撥水性の薄膜を形成する新原料「フロロシラン」を採用。繊毛状の撥水基を乗せるのではなく、ガラスとフロロシランが一体となり、平滑な撥水性薄膜をガラス表面に形成しますので、撥水を長く持たせることができます。

また、汚れが残りにくい構造で、油膜にもなりにくくクリアーな視界を確保します。

COATING OPTION

アルミホイールコーティング

付着したブレーキダストもシャンプー洗いで簡単に落ち、高耐熱で耐久性に優れています。

​代車・見積無料!! お気軽にご相談ください。

ヘッドライト磨きコーティング

ヘッドライトの黄ばみを研磨により修復(2年間保証付き)

なぜ樹脂タイプヘッドライトが採用されたか?

樹脂タイプのヘッドライト(以後、樹脂ヘッドライト)はポリカボネートを採用したヘッドライトです。 ガラス製のヘッドライトが主流の中、2000年前後の車種から部分的に採用されてきました。 ポリカボネート樹脂ヘッドライトはガラスと比べても光源を暗くせず明るい透明性素材であり熱による収縮率が小く吸水性が低い破断しにくく 柔軟性があり成形性が楽と言う観点から採用されたものです。各カーメーカーとも自動車のデザインを非常に重視しています。 LEDと樹脂の相互の技術革新により今後ヘッドライトの形状も飛躍的にデザイン向上して行くでしょう。 また燃費向上のための軽量化にも貢献して行くものと考えられています。

なぜ樹脂タイプヘッドライトは黄ばむのか?

樹脂ヘッドライトの黄ばみは①表面の樹脂コート剤が光・熱のエネルギー・自動車の排気ガスにより不安定化し化学反応を起し連鎖的に劣化が進むこと ②表面の樹脂コート剤が劣化することでポリカボネート素材が暴露しアルカリ性物や有機溶媒、高温高湿、紫外線などにより加水分解・脆弱破壊が進行して行き劣化するということが考えられています。 このように樹脂ヘッドライトの黄ばみはまず最初では太陽エネルギー(主に紫外線)が影響していますのでこの紫外線が当たらないようにすることが大切です。

ヘッドライトの黄ばみ・劣化を元に戻すプロジェクト

樹脂ヘッドライトの黄ばみ・劣化は砂塵の衝突、紫外線、有機溶媒、水分による加水分解によりどんどん進行します。 このため、できるだけ早い段階で表面のコートを再生させてやることでヘッドライトの寿命も延びて行きます。 黄変が発生した時点でこのヘッドライト再生を行うことで車の耐久性と同様にヘッドライトも保つことができるように私たちも協力させていただきます。

耐久性の良い表面コートをしないとまたすぐ劣化する

樹脂ヘッドライトの黄ばみ・劣化の修復はヘッドライトの表面コート剤を研磨により剥がしていくことから開始します。 研磨後、既存の表面コート剤が剥がれたところに新たなコート剤を再塗布するのですがここで簡易的なコート剤を塗りまたすぐ黄ばみや劣化する事象を目にします。 黄ばみ→研磨コート→再度黄ばみ→研磨コートと数回繰り返すと表面のコート剤だけではなくポリカボネートの枠組みまで浸食してヘッドライトの強度を失うこととなります。 しっかりと厚い塗膜で耐久性のある表面コート剤を塗布することによりその後のヘッドライトの耐久性を長く保つことができるようになります。

高い耐久性を実証【brizoコートシステム】

私たちは樹脂ヘッドライトの黄ばみ・劣化の修復において【brizoコートシステム】をお奨めしています。 紫外線に非常に強く、塗料の膜厚(表面コート剤の乾燥時の厚み)が非常に厚く透明感もある信頼性の高い樹脂ヘッドライト用表面コート剤です。 このコート剤を使用し劣化した樹脂ヘッドライトの復元を行います。

安心の2年間保証

樹脂ヘッドライトの黄ばみ・劣化を修復後、経過2年間以内に再度黄ばみや劣化が発生した場合は再施工保証を実施しています。 安心して修復のご依頼を頂けますようお願いいたします。

ご依頼・ご予約

ご来店いただき、お客様のヘッドライトの状況を確認しご見積もりと工程の説明をさせて頂きます。

作業の重複などの都合上、速やかに対応させて頂くため、事前にご来店日程、お時間をお伝えいただけますようよろしくお願いいたします。

作業料金目安

基本的なヘッドライトの車種別修復料金の目安です。

実際のヘッドライト劣化状況により作業時間や修復工程の追加等があり料金が変更になる可能性もあります。

詳しくはお車をお見せいただき、劣化状況などを詳しくご説明させていただきます。ご相談ください。

施工前

施工後

お電話
営業時間

9:00~18:00

日曜祝祭日は電話受付のみ対応

北陸自動車道・金沢西インターから20分

野田専光寺線・増泉交差点から3分

神田陸橋そば

  • Facebook
  • アルル twitter